電話番号 0798-69-1451

〒663-8201兵庫県西宮市田代町11-3
西宮北口駅より徒歩5分

脱毛、レーザー、しみ、しわのことなら西宮北口の形成外科、美容形成外科、医療法人社団 松本脳神経外科クリニック・形成外科へ|しみ1,500円~ ヒアルロン酸 ボトックス

形成外科

形成外科について

形成外科とお聞きになっても、まだまだ馴染みのない方も多いと思います。形成外科とは、硬い表現になりますが体表に現れた先天的・後天的な変形に対して機能回復を図ると共に、より形態を重視して修復する外科です。

当院では、平成19年2月の開院以来、形成外科も併設しておりましたが、この度3階を専用フロアとして、診療体制の強化を図って参ります。香川大学医学部 形成外科 田中嘉雄教授を基軸に、岡田医師により、脱毛・シミのケアなどへも展開して参ります。田中教授の発信する今日、最先端の情報をより身近に、そして多くの方々に共有して頂ければと存じます。

担当医のご紹介

田中嘉雄教授 田中嘉雄教授

田中嘉雄
香川大学医学部 形成外科教授

日本形成外科学会専門医
医学博士
日本マイクロサージャリー学会評議員
日本頭蓋顎顔面外科学会評議員
世界マイクロサージャリー学会設立メンバー

学会および研究活動

2001年11月
世界マイクロサージャリー学会最優秀賞受賞
2001年11月
兵庫県医師会医学研究賞受賞
2003年4月
日本形成外科学会学術奨励賞受賞(基礎部門)
2004年11月
日本顎顔面外科学会総会 シンポジウム
「外鼻再建におけるesthetic mind」において発表
2005年4月
日本形成外科学会総会 シンポジウム
「美容的観点からみた遊離皮弁による再建外科」において発表
2006年3月
兵庫県医学研究助成
2006年4月
日本形成外科学会総会 シンポジウム
「難治性皮膚潰瘍に対する治療戦略」において発表
2006年10月
日本マイクロサージャリー学会学術集会 シンポジウム
「下顎再建」において発表
2007年4月
日本形成外科学会学術奨励賞受賞(臨床部門)

岡田 雅
大阪医科大学附属病院 形成外科 講師

田中嘉雄教授からのメッセージ

形成外科を一言で言い表すと「皮膚や筋肉、骨などの体の組織の移動や移植により、変形した体の一部や失われた体の一部を修復することによって、その部分の働き(機能)を取り戻す。あるいは一段と向上させるための外科。」と定義できます。

形成外科が扱う主な対象は、生まれつきの異常(先天性異常)、変形症、けが(外傷)、腫瘍、再建、美容の六つに大別できます。形成外科で扱う先天性の異常は、頭、顔、手足、体幹の主に表在性の、あるいは一目見れば分かる形の異常が中心です。

変形症は、生まれ持った要因(広い意味では体質といってよいかもしれません)により、成長につれて体の一部が変形する場合や、小さい頃のけが、手術、化膿などが原因となって次第に変形を生じてくる場合などです。

けがの種類もまちまちです。やけどもけがの一つには違いありませんが、交通事故、転倒、傷害、あるいは犬に咬まれた、などのけがが代表的です。創(キズ)をきれいに、あとが目立たないように治すことが大きな目的の一つである形成外科ですから、顔のけがは形成外科の中で大きな割合を占めています。

もちろん顔だけではなく、手足や他の部位のけがも創がきれいに治ることは患者様の強い希望でもあります。創をきれいに治す、ということは早く治すことが前提です。創は皮膚だけとは限りません。皮膚の下の大切な神経が切れているかもしれませんし、骨が折れているかもしれません。このようなことを正しく見極めて適切な処置をすることがとても大切です。

腫瘍には良性のものと悪性のものがありますが、形成外科が扱うのは皮膚を主とした表在性の腫瘍です。腫瘍を取ったあとが、できるだけ目立たないように工夫しますし、悪性腫瘍を切り取った後の修復や再建も形成外科の大きな分野です。再建とは、体の一部を手術や、けがで失った後を、なるべく元の形に近づけるための手術です。

例えば、口の中の癌で、舌や下顎を切り取らなければならないことがあります。切り取ったままでは、食べられない、言葉に不自由する、唾液が流れつづける、などの障害が残ります。もちろん、顔の形も問題です。このようなときに皮膚や筋肉、骨などを移植して、できるだけ元の形に近い状態を再現するのが再建です。

美容はもちろん美容外科のことですが、形成外科の中の一分野です。日本の美容外科は、一昔前には美容整形と通称されていました。一部では医学的常識から、はずれた有害な治療も行われていた事実もあり、世間からは色メガネで見られていた歴史もあります。

しかし、医学的に適切に行われる限り、美容外科も本来の医療の一分野であることは世界的に見ても疑う余地はありません。命とは無関係だが身体各部の形を整え、それによって気持ちが明るく、心も豊かになるようにするのが美容外科の本来の目的です。

残念ながらこの分野の“医療”は、保険診療が認められず自費診療となります。安心して形成外科・美容外科が受けられるようにとの院長のご配慮から、医療法人社団松本脳神経外科クリニックで形成外科を始めることになりました。多くの方の受診をお待ちしています。

診療内容

先天性異常(生まれつきの障害)
口唇裂・口蓋裂の治療およびその術後に残っている変形治療。
まぶた、耳、臍ヘルニア、手足の指の異常・変形の治療。
皮膚腫瘍(良性・悪性)
皮膚のできもの、皮下のできもの、皮膚癌、母斑、ほくろ、あざなどの手術的治療。
瘢痕・ケロイド
けが、やけど、手術の傷あと、キズのひきつれ、ケロイドなどの治療。
熱傷(やけど)
消毒・軟膏などのガーゼ交換、大学病院の紹介。
まぶたの下垂
生まれつきのまぶたの下垂、成人になってからのまぶたの下垂の治療。
変形・醜状痕
乳がん術後の変形、顔面神経麻痺による変形、その他外傷や術後の変形の手術的治療。
美容外科(自由診療)
シミ、シワ、二重まぶたなどご相談ください。
Page Top